ドル円に関しての相場観を記載しています。 基本的には、トレンドフォロー中心に短期売買の予測を掲載しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TFブレイクアウト?今週を振り返り?

ココの所毎週、乱高下があるのでなかなか難しい相場になっていますね。
元々、ブレイクアウトはレンジに収まっている間は取引しない戦略なので
関係ないと言えば、関係ないのですが個人的に短期売買でも検証しているので
大いに関係ありました。このようなレンジ相場では、リミットをあまり欲張らずに設定した方が良いですね。しかしながらブレイクアウトの短期売買自体、そんなのありかよ?!で検証していますのでこれが本当に上手くいくかは、本当に分かりません。今のところ何とかプラスで転移していますが・・・

検証を始めて、丁度1ヶ月経ちました。
おかげさまで、トータルでもプラスです。
デモで検証します。と始めましたが結局リアルで検証しています。
デモトレードはどうも性に合いません^^;







北辰物産株式会社~DRAGON FX 24~
DRAGON FX 24 キャッシュバックキャンペーン


外為オンライン
FXベストチョイス!手数料無料でスプ〈$¥3P〉は外為オンライン…携帯OK!


[今日の一言!]
スポンサーサイト
3/30のドル円

ステータス  様子見?!

トレンド   レンジ?!

戦略     逆張り

ポイント   118.49&115.76
       
ロスカット  ポイント越え
3/29のドル円

ステータス  様子見?!

トレンド   レンジ?!

戦略     逆張り

ポイント   118.49&115.76
       
ロスカット  ポイント越え
3/28のドル円

ステータス  様子見?!

トレンド   レンジ?!

戦略     逆張り

ポイント   118.49円
       
ロスカット  ―
3/27のドル円

ステータス  買い場探し

トレンド   上昇

戦略     押し目買い

ポイント   118.49円
       
ロスカット  115.50円
3/26のドル円

ステータス  買い場探し

トレンド   上昇

戦略     押し目買い

ポイント   118.49円
       
ロスカット  115.50円
TFブレイクアウト?今週を振り返り?

今週は週明けから窓明け→上昇にやられました・・・
これは、対策しようと思ってもなかなか難しいです。必ず、週明けに窓を開けると分かっているなら対策も取れますが・・・でも、週終わりに必ずポジションを閉じればこのような事は回避できますね。

その後は、割合調子がいいと言うか、元々TFブレイクアウトはトレンドフォロー型なので、どちらか一方通行だと利が乗りやすい傾向にあります。ただポン円等は値幅がでかいので、ちょっとした急落時に焦ります。

が、しかし値幅が大きいと行っても単純に「ドル円レートの倍」と考えれば必然的に「値幅も倍」と考えれられます。なので、それほど気にする必要はありません。ポン円を取引する事自体が、他の通貨よりもリスキーだという事を念頭に置いておけばですけど。

下げ足は速いが上げ足は鈍いと聞いた事があるかと思います。
今週は典型的な、上げ足の鈍いマーケットでしたね。
ブレイクアウトしても、実際そのまま上昇とは行かずにうろうろして上昇していく事が多かったです。ここにこられてコメントを残してくださる方も、ドル円の上昇の鈍さにやきもきしている方や、段々不安になってくる人が
3/23のドル円

ステータス  買い場探し

トレンド   上昇

戦略     押し目買い

ポイント   118.49円
       
ロスカット  115.50円
3/22のドル円

ステータス  買い場探し

トレンド   上昇

戦略     押し目買い

ポイント   118.49円
       
ロスカット  115.50円
3/21のドル円

ステータス  買い場探し

トレンド   上昇

戦略     押し目買い

ポイント   118.49円
       
ロスカット  115.50円
3/20のドル円

ステータス  買い場探し

トレンド   上昇

戦略     押し目買い

ポイント   118.49円
       
ロスカット  115.50円
3/19のドル円

ステータス  買い場探し

トレンド   上昇

戦略     押し目買い

ポイント   118.49円
       
ロスカット  115.50円
TFブレイクアウト?今週を振り返り?

今週は本当に反省の1週間でした。
短期売買では、必要以上にポジションを持ちすぎました。
P/Fにも達していないポイントで追随を行った事は
ルール違反?!でした。

先週の?振り返る?でも書いたようにやはりポジション取りは
利益を確定→更に行くようならば再度ポジション取り。
の方が着実に利を伸ばせると痛感しました。

特に、トレンドのポイント時はレンジ相場になる事も多く
掴みどころが難しくだらだらポジションを持っているよりも
一度決済して、またポイントまではじっくり待つ。
このやり方の方が精神的にも、楽にいけるからです。

仮に一度決済した場合、更にトレンドが出た場合のS/Lは
決済した半分は利益を得ると言う考えもあります。
そうする事でも、着実に資産倍増へ繋がると思います。

もう1つ感じたのは、やはりトレンドが出にくい場合には
単純に、ブレイクアウトのみでは無く何か別のテクニカル指標と
併用する事も必要ではないか?という事です。

今の所、一目均衡表やボリンジャーバンド、RSIなどを組合わせよう
かと考えています。
一目均衡表は、ここから調べてみてください。
非常に奥が深いものですが、表側?!だけでも非常に参考になると
思います。
3/16 本日のドル円

ステータス  買い場探し

トレンド   上昇

戦略     押し目買い

ポイント   118.49円
       
ロスカット  115.50円
3/15 本日のドル円

ステータス  買い場探し

トレンド   上昇

戦略     押し目買い

ポイント   118.49円
       
ロスカット  115.50円
3/14 本日のドル円

ステータス  売り場探し

トレンド   下落

戦略     戻り売り

ポイント   115.56円
       
ロスカット  118.00円
3/13 本日のドル円

ステータス  買い場探し

トレンド   上昇

戦略     押し目買い

ポイント   118.86
       
ロスカット  116.90
3/12 本日のドル円

ステータス  買い場探し

トレンド   上昇

戦略     押し目買い

ポイント   118.86
       
ロスカット  116.90
TFブレイクアウト?今週を振り返り?

現在、ドル円、ポンド円、ユーロ円に限定して検証を行っている事もあり
円相場は下げ止まり、方向感がない日が多かった。

このような日々が続くとS/Lもそうだが、P/Fも考えなければならないと感じました。
なかなか、こうなる!と予想する事は難しいのでそうなる前からの対策を考えなければ
利が伸びてこない・・・

これは1つの考え方ですが、
今までのP/Fの捉え方は、山や谷を意識した方法をとってきたがこの考え方は
間違ってないと思う。サポートあるいはレジスタンスの手前で利益確定しておき
更にブレイクアウトするようなら、再度ポジションを建てる。
大相場の場合、利益は減少してしまうかも知れないがこの方法を取った方が
確実に利益は出せるし、リスクの軽減にもなる。又、ポジションを持ち続けると
いう事は精神的にも良くない・・・何故か?

1つのポジションで利益がどんどん膨らむと、「もっと利益が増えるかも・・・」と
いう心理状態に陥るからだ。どうしても目先の利益を気にしてしまうので
下げの場合、一旦底を見てしまうと、どうしてもその辺りで決済したい・・・
あるいは、それ以上下がるのではないか・・
と言う、心理状態に陥ってしまうからです。
3/9 本日のドル円

ステータス  見極め時

トレンド   転換?!

戦略     様子見

ポイント   117円キープ
       
ロスカット  ?
3/8 本日のドル円

ステータス  売り場探し

トレンド   下落

戦略     戻り売り

ポイント   114.43円
       
ロスカット  116.90円
3/7 本日のドル円

ステータス  売り場探し

トレンド   下落

戦略     戻り売り

ポイント   114.43円
       
ロスカット  116.90円
3/6 本日のドル円

ステータス  売り場探し

トレンド   下落

戦略     戻り売り

ポイント   114.43円
       
ロスカット  116.90円
3/5 本日のドル円

ステータス  売り場探し

トレンド   下落

戦略     戻り売り

ポイント   114.43円
       
ロスカット  117.90円
TFブレイクアウトの検証?今週を振り返り?

始めて間もないですが、上々のスタートが切れたのではないかと感じています。たまたま、トレンドが転換?!っぽい相場になったのにも助けられたと思います。

とりあえず、相場観は置いておいてブレイクアウトにて感じた事を書きたいと思います。ここに書く事で自分も復習できるという意味で。

まず、難しいと思ったのはやはりS/Lです。今週の取引の中で私の設定したS/L値に10pips以内でヒットしてしまい、その後反転した取引がいくつかありました。いいように捉えるとギリギリでヒットしてしまうという事はある意味戦略的には、問題なかったといえるかもしれません。しかし結果的には損失を出してしまったという事実は紛れも無い事実です。

そのギリギリでヒットしてしまったS/Lを見てみるとピッタリの節目で設定している事が多いという事に気がつきました。ここでいう節目というのは○○円00銭丁度とか、○○円50銭という所です。実際にポンド円では0.001ポイントヒットでS/Lでした。これは、かなり凹みました・・・

これを踏まえると、S/Lのポイントを考える際にそのレベルが節目付近になる場合は、10ポイントくらいは余裕を見た方が良いのかなと思いました。ひとつ付け加えておきますがこれは、あくまでも私の戦略に則った上でのお話ですので、御自身で取引する場合はまた話は違ってくる事もあると思います。

さて、S/Lをセットしないでトレードし嘆いている人を良く見かけますがS/Lの意味をもう一度理解し直してみましょう。
続きは「今日の一言」で。
3/2 本日のドル円

ステータス  売り場探し

トレンド   下落

戦略     戻り売り

ポイント   117.50円
       
ロスカット  119.00円
3/1 本日のドル円

ステータス  売り場探し

トレンド   下落

戦略     戻り売り

ポイント   117.50円
       
ロスカット  119.50円
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。